このたび、地域保健福祉部では「特別支援教育に関する研修」を開催することとなりました。

日本作業療法士協会では特別支援教育への作業療法士の参画を推進するため、学校作業療法士モデル(仮称)構想を策定し、昨年度から今年度にかけ全国各地域にて「特別支援教育での実践に関する情報交換会」を開催しています。東北地区では、昨年度、山形で行われました。

今回の研修では、特別支援教育の基本的なこと、意見交換会での説明など含めた協会が考えていること、及び、特別支援教育など地域で作業療法士が働くための基礎知識・基礎技術に関してなど、を協会理事から講義頂きます。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

1.日 程:平成30年1月14日(日) 10:00~12:00 (受付開始 9:30~)

2.場 所:あさかホスピタル 本館6階 あさかホール (郡山市安積町笹川字経坦45)

3.内 容:特別支援教育に関して

4.講 師:うめだ・あけぼの学園 作業療法士 酒井 康年氏 (日本作業療法士協会理事)

5.参加費:無料

6.申込締切:平成30年1月10日(水)

7.申込方法:

メール、もしくはFAX

☆メールの場合:本文に所属・支部・名前・会員番号・連絡先を記載し、問い合わせ先アドレスfukutiiki2014@yahoo.co.jpへ送信お願いします。

☆FAXの場合:別紙申込書に必要事項を記入し、申込書記載のFAX番号(024—545-8379:訪問リハビリあづま宛)へ送信お願いします。

8.その他:今回の研修は、生涯教育基礎コース(2ポイント)の該当になります。

H30.1.14研修要項 特別支援教育