平成29年9月29日(金)に「平成29年度県南支部研修会」が開催されました。今回は新人を対象に「相談会」と題し、グループワークを通して日々感じる悩み事について相談や情報交換を行いました。

内容としては相談をするだけではなく今回の研修の目的や設定、注意点、必要となる視点等、進行について細かく丁寧な説明があり、より具体的な話し合いができたように思います。相談会を通し、相談者は様々な意見を取り入れるだけではなく、自身の悩みや思い、対象者の情報を説明する能力を、また、質問者は短時間で情報収集し、方向性を導き出す能力を身に付けるトレーニングになったようにも思います。刺激になる話題が多く、相談者・質問者共に収穫が多かったように感じました。

今後もグループワーク等を通して情報提供や質問、他者の意見の取り入れやグループ内でのコミュニケーションの取り方、グループ内での結論を明確化することは質問者も相談者も幅広い視野が身につくだけではなく、日々の多職種協同のチームワーク作りに大きな影響を及ぼせるのではないかと思いました。今後の研修会の開催も、貴重な学習の場として楽しみにしています。

 

介護老人保健施設ひもろぎの園 滝本桃子