この度いわき支部は「第1回なんでも勉強会」を開催いたします。
今回のテーマは「セラピストのセルフメンテナンス」としてピラティスを取り上げました。
ピラティスは、ドイツ人のジョセフ・ピラティスが第一次世界大戦中にリハビリの一環として考えたエクササイズです。ピラティスを行い、自分自身と向き合うことで健康な身体へ戻っていくと言われています。
PT・OT・ST士会いわき支部合同での研修会としての企画でもあり「セラピストが健康に働くための身体づくり ―ピラティスからのアプローチ」をみんなで勉強していきます。
また、勉強会終了後にわずかな時間ですが理事会などの最新情報を支部連絡会としてお伝えしたいと思います。

つきましては、ご多忙のことと存じますが、ぜひ皆様のご参加を賜りますようお願い申し上げます。

☆日時
 平成31年2月21日(木) 18:30~20:00(受付18:10~)
               20:00~20:15(支部連絡会)

☆場所
   いわき芸術文化交流館アリオス 3階 中リハーサル室
       〒970-8026いわき市平字三崎1-6   ※近隣の公共用駐車場等をご利用ください

☆内容
  「セラピストが健康に働くための身体づくり ―ピラティスからのアプローチ」
     講師:大楽 司 氏 (Sports&Medical fitness Re-Birth  理学療法士)

☆会費  無料

☆持参物 ヨガマットもしくは大きいバスタオル、筆記用具 ※動きやすい服装

☆申込方法
      別紙(FAXまたはmail)にてお申し込み下さい 締め切り:平成31年2月13日(水)12時まで

 第1回なんでも勉強会(H31.02.21開催)